作家詳細情報
「猪熊弦一郎」の詳細情報
●くわしい検索へ  ●美術館トップへ
作家名 猪熊弦一郎
作家名(ヨミ) イノクマゲンイチロウ
作家名(英字) INOKUMA GENICHIRO
出身地 香川県高松市
生没年月日 1902年~1993年
略歴 1902年香川県に生まれる。1993年没する。本名は玄一郎。東京美術学校西洋画科で藤島武二に師事するが健康上の理由から1926年中退。同年から帝展に入選、1930年頃から「弦一郎」と号する。1936年新制作派協会の設立に参加。1938年に渡欧、主にフランスに滞在する。滞欧中には、アンデパンダン展に出品し、一時藤田嗣治とアトリエを構える。またマティスに指導を受けた。大戦のため1940年帰国した後も、国内外の様々な展覧会に作品を発表する。モダニズムの多様な表現を自由に試み、洒脱な人物像を描いてきたが、1955年からニューヨークに在住し、以後抽象絵画に転じる。抽象に向かってからも作風は様々に発展し、また壁画やステンド・グラス、彫刻的な環境造形物、家具、茶室のデザインなども手掛けている。1964年第6回現代日本美術展では、国立近代美術館賞を受賞した。
作品情報 所蔵品あり
当館開催の特別展出品歴 ピカソと日本
東四国阿波讃岐風景画展
明治・大正・昭和 100年の名画 国立美術館名作選
どうぶつ集まれ−ぞうさんの描いた絵と表された動物たち
戦後@ニッポン展
作家番号:10014 (日本)
コピーライト 徳島県立近代美術館 2006
検索条件設定へもどる 検索条件設定へもどる