作品詳細情報
「鳥・猫・子供・魚」の詳細情報
●くわしい検索へ  ●美術館トップへ
作家名 猪熊弦一郎
作品名 鳥・猫・子供・魚
作品名(ヨミ) トリ・ネコ・コドモ・サカナ
作品名(英字) BIRD・ CAT・ CHILD・ FISH
制作年 1954年
技法・材質 油彩 キャンバス
寸法 80.3×65.2
当館開催の特別展出品歴 どうぶつ集まれ−ぞうさんの描いた絵と表された動物たち
戦後@ニッポン展
概要 猪熊は洒脱(しゃだつ)な人物像を描いて、モダニズムの代表的な作家として知られた。この作品は黒とグレーを基調として、二人の子供と猫や魚などを描いているが、明るく節度のある画面は洗練された都会的感覚と言えるかもしれない。この作品が描かれたころ、日本の美術界は戦後の混乱からようやく立ち直り、海外から次々と紹介される若手の作家を清新な共感をもって迎えていた。彼らの仕事は具体的な事物を発想の基礎としながら、画面の上では巧みに抽象的な表現をとり入れている。この作品もそのような同時代の作家の仕事に連なっているといえよう。今日的な視点に立つと、このような制作は具象と抽象の一種の折衷様式にほかならず、微温的なあいまいさを認める者もいるかもしれない。この作品を描いてしばらくすると、猪熊はアメリカに渡り、完全な抽象絵画に転じたが、そのような将来を暗示しているかのようだ。(江川佳秀「文化の森から・収蔵品紹介」讀賣新聞1989年07月05日掲載)
よみもの 徳島新聞連載1990-91 江川佳秀 1991年5月8日
所蔵者 徳島県立近代美術館
作品番号:1100061_000 、国内 、館蔵品、油彩画他
コピーライト 徳島県立近代美術館 2006
検索条件設定へもどる 検索条件設定へもどる