徳島県立近代美術館
学芸員の作品解説
襖を抜く
1972年
油彩 キャンバス
104.0×73.3
山下菊二 (1919-86)
生地:徳島県三好郡
データベースから
山下菊二襖を抜く
他の文章を読む
作家の目次 日本画など分野の目次 刊行物の目次 この執筆者の文章
他のよみもの
美術館ニュース

山下菊二 「襖を抜く」

竹内利夫

 しゃれこうべが浮き上がる不気味な襖絵。花魁の姿に抜かれた襖の向こう側もまた、奇怪な暗がり。正装の紳士は犬にうつり変わり、ディナーのごちそうは鳥に変貌する。
 心の奥底を探るシュルレアリスムの手法を用い、山下は恐ろしげな世界に私たちを誘うが、スリラーではない。社会通念にとらわれない想像力を働かせ、鋭い批判精神を生み出すのである。白梅と着物姿をひきあいに出して彼が探るものは、私たち日本人の心だろうか。
徳島県立近代美術館所蔵作品選1995 コレクションによる特別展示 人間像のゆくえ
1995年7月22日
徳島県立近代美術館 竹内利夫