特別展 風土と美術―青森/徳島

2022.10.8 SAT–11.27 SUN

本展では「風土と美術」をテーマに、青森県立美術館と当館の所蔵品を展観します。青森は、棟方志功や阿部合成など、雪国の厳しい風土と深く結びついた力強い作風を特徴とする作家を輩出しました。一方、温暖な気候に恵まれ、古くから関西との往来が盛んな徳島には、阿波踊りや人形浄瑠璃などの郷土芸能が息づき、山下菊二を始め個性豊かな作家が活躍する土壌となりました。こうした異なる風土の下に育まれた多様な表現を通じて、それぞれの地方美術、或いは地方そのものの魅力を再発見する機会とします。



【とき】2022年10月8日[土]–11月27日[日]
【ところ】美術館 展示室3
【休館日】毎週月曜日(休館日が祝祭日の場合は、その翌日)